保健指導

手洗い・うがいの仕方や早寝早起きをしようなど、身近な保健目標をあげ毎月1回身体測定の前に、
幼児組を対象に行っています。
年齢ごとに子ども達の反応やとらえ方が違い、看護師も楽しみながら行っています。

【 健康管理について 】
保育園は集団生活の場であり健康な園児をお預かりする事を基本としています。
保育園での健康管理は保育士・看護士・園医が連絡をとりあって行っています。
保育中に急な発熱(37.5℃以上)や下痢・嘔吐等の体調不良の際には
保護者に連絡し、お迎えをお願いしています。


【 感染症について 】
ページ後半にある「感染症の登園基準」をご覧下さい。
感染症の種類によってはLinkIcon意見書ですので、掛かりつけの医師にご依頼下さい。
治癒証明書が必要ない感染症の場合でもLinkIcon登園届け必要な場合があります。
※登園届けは保護者の方の記入、押印となります。


【 保育園での与薬について】
保育園での与薬は行っておりません。
ただし、慢性疾患により治療上投薬しなければならない場合に限り
主治医・園医の指示により看護士が服用させる事ができます。
与薬が必要な場合は医師記入のLinkIcon与薬依頼書の提出をお願いします。


感染症の登園基準

下記に示した伝染病にかかった場合は出席停止となり、医師による「意見書(証明書)」を提出した上での登園となります。「意見書(証明書)」は園の用紙でもお医者さんの用紙でもかまいません。

病名

症状

潜伏期間

出席停止期間

麻疹(はしか) 

38度以上の高熱と、咳、鼻水、くしゃみなどの風邪症状が出て3~4日経つと一度熱は下がり、頬の内側にコプリック斑(粟粒大の白い斑点)が出現する。一度下がった熱が再び高くなり、発疹が全身に広がる。

1~2週間 

解熱した後、3日を経過するまで

風疹(三日はしか)

赤色の発疹が耳の後ろや首から始まり、全身に広がり、約3日で消える。耳の後ろ、後頭部のリンパ腺腫脹が出現

2~3週間

発疹が消失するまで

水痘(水ぼうそう)

微熱とともに、首筋やお腹に赤い斑点がでる。斑点から丘疹、そして水疱になり、全身に広がる。頭皮や口腔内にもできる。

2~3週間

全ての発疹が痂皮化するまで

流行性耳下腺炎
(おたふく風邪)

耳下腺、顎下腺が腫れて痛みを伴う。腫れは、片方だけの場合もある。腫れは1週間程で消える。

2~3週間

腫れが出てから5日を経過するまで

百日咳

最初は咳の出る症状から始まり、徐々に咳がひどくなりヒューヒューと音をたてるようになる。夜間に悪化する。

7~10日

特有の咳がなくなるまで

咽頭結膜熱
(プール熱)

39度前後の発熱、目の充血、目ヤニ、咽頭痛、リンパ腺の腫れ

2~14日

主要症状がなくなった後2日を経過するまで

伝染性膿痂症
(とびひ)

水疱やジュクジュクした湿疹ができ、かゆみがある。
虫刺されやあせもをかき壊してしまい、広がることが多い。

2~10日

伝染のおそれがなくなるまで

流行性角結膜炎
(はやり目)

目の充血、目ヤニ、まぶたの腫れ、目がゴロゴロして痛んだり、かゆがったりする。

2~14日

伝染のおそれがなくなるまで

インフルエンザ

突然の高熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感、咳、鼻水など。
約1週間で軽快する。

1~4日

解熱した後、3日を経過し、かつ発症から5日を経過するまで。

手足口病

手のひら、足の裏、手足の指の腹、肘、膝、足の甲、口腔内などに小水疱ができる。(胸、腹、背にはできない)。発熱することもある。

3~6日

解熱後、1日以上経過し、普段の食事ができること。

マイコプラズマ肺炎

咳、発熱、頭痛等の風邪症状がゆっくりと進行し、特に咳は徐々に激しくなる。

2~3週間

発熱や激しい咳が治まっていること。

保健行事

回数

身体測定

毎月1回

全園児健診

年2回

ぎょう虫検査  

年2回

歯科検診

年1回

歯科指導(片山先生)

年10回

虫歯予防集会

年1回

0歳児健診

毎月1回

その他の伝染病

下記に示した伝染病は「意見書(証明書)」は必要ありませんが、医師の診察は必ず受け登園・欠席は必ず医師の指示に従って下さい。
※保護者が記入する「LinkIcon登園届け」を提出した上での登園となります。

病名(潜伏期間)

症状 

伝染性紅斑
[りんご病]
[おたふく風邪]
(潜伏期間:1~2週間)

軽い風邪症状が出現した後、頬が赤くなったり手足にも網目状の赤い発疹が出きる。

(登園の目安:全身の状態が良いこと)

溶連菌感染症
(潜伏期間:2~5日)

突然の発熱、咽頭痛が出現する。首、胸、手首、足首に細かい粟粒状の発疹が出る。

(登園の目安:抗菌薬内服後24~48時間経過している事)

突発性発疹
(潜伏期間:約10日)

38度以上の発熱の後、胸、腹、背中に鮮紅色の小さな発疹が出る。

(登園の目安:解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと)

感染性胃腸炎
ロタ、ノロ等
(潜伏期間:1〜3日)

下痢、腹痛、嘔吐、便は白黄色〜白色であることが多い。

(登園の目安:嘔吐・下痢等の症状が治まり、普段の食事ができること)

ヘルパンギーナ
(潜伏期間:3〜6日)

突然の高熱、咽頭痛。のどの奥に白い小さな水疱疹ができる。

(登園の目安:解熱後1日以上経過し、普段の食事ができること)

RSウィルス感染症
(潜伏期間:4~6日)

発熱、鼻水、咳、喘鳴、呼吸困難等の症状が出現する。

(登園の目安:重篤な呼吸器症状がなくなり、全身状態が良いこと)

帯状疱疹
(ヘルペス)

体の片側に帯状に小水疱が出現する。胸や背中、ひたい等に多くみられる。

(登園の目安:全ての発疹が痂皮化するまで)